2017年の介護アロマボランティア・認知症カフェ参加報告

 

【介護アロマボランティア活動】

先日、秋田市の介護施設N様のデイサービスにボランティア訪問しました。

 

今年は、浅井式介護アロマセラピスト養成講座青森会場秋田生の新メンバーの方と昨年参加できなかった方、そして助っ人に協力して頂きながらの「3D精神」での活動です。

 

今年度から浅井先生の介護アロマ講座内容が一部バージョンアップしまして「愛クリーム」が新登場!私達メンバーもこの愛クリームで初ハンドトリートメントをしました。通常は植物性オイルに精油を入れて・・・の方法とは違って、このクリームは少量でも伸びが良く、仕上がりがさらりとしていました。

 

また香りが数種類ブレンドされていますがほのかに香りがするだけで、好みに左右されずに使えます。そして、気になる利用者さんの反応は「このクリームはしっとりしてイイねぇ~」「手がツルツルすになって嬉しいなぁ♪」「香りが優しいねぇ~」と喜んで頂きました。帰り際には「あのクリームはどこで売っているの?」と聞かれるほど(笑)

 

もちろん、効果は愛クリームばかりではありません。

 

私達メンバーと利用者さんとのコミュニケーションをとりながらの

 

手の癒し法は利用者さんのココロに届いたようで「私も私も」と手を挙げて順番待ちしてくれたりと皆さんがニコニコ笑顔になってくれて本当に良かったです。

 

私が担当した利用者さんは94歳のご婦人で「私の手、汚いよ。やってくれる?」と言われましたが、それは汚いのではなく熟年の手でした。

 

お話を聞くと、子育てしながら農家を休みなく働いて、趣味のお裁縫が一番の楽しみだったそうです。

 

その働き者の手は指先がスルーッとしていて今もお裁縫をされていて、施設にも作品がいくつか展示されていました。脱帽です。こうしてまた私達は利用者さんから逆にパワーを頂きました。

 

また、介護スタッフさんからも肌と肌との触れ合う機会はなかなか無いため本当に助かりました。

と、感謝のお言葉を頂きました。

「2017認知症カフェ」

こちらは私個人の活動になりますが、

9月下旬に秋田市にあるC介護施設様から講師依頼を受けて認知症カフェで講話をしてきました。

当日はあいにくの雨で足元が悪い中にもかかわらず、

たくさんのお客様が集まり「アロマとハーブで脳の若返りを」をテーマに私のお話を熱心に聴いてくださりました。

講話の後は皆さんで数種類のドライハーブでサシェ作りをしました。「このハーブ知っているよ!」「ウチの庭にもラベンダーあるけど、

こうやって使うのもイイね~」「香りを嗅いだだけで元気が出るわぁ」などと、反響の多さにビックリ!

20人分用意したクラフト材料があっという間に無くなりました(笑)

皆さんがお帰りになる頃には一段とニコニコ笑顔になり「ありがとうね~この次は何作るのかな?楽しみ♪」とリクエストされました。

担当スタッッフさんも喜んでくださり、

来年のオファーも♪と有難いお言葉を頂きました。

【最後に・・・】

こうして皆さんのおかげをもちまして、2017年の活動が修了(終了)することができました。

秋田市社会福祉協議会様をはじめ、秋田市内の介護施設・老人ホーム様などたくさんのオファーを頂きまして、本当にありがとうございました。

そして、浅井式介護アロマセラピストの皆さん、お疲れ様でした。

現場実習をされたことで最初は戸惑いや不安があったかもしれませんが、

チームと仲良くできたこと、利用者さんやスタッフさんに支えられて楽しかったですね。

これからは、ご自身でご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。